読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸能界で究極の“共演NG”とされてきた、明石家さんま(61)と上沼恵美子

芸能界で究極の“共演NG”とされてきた、明石家さんま(61)と上沼恵美子(61)。今年6月にトーク番組『さんまのまんま』(フジテレビ系)に上沼が出演するかたちで22年間の沈黙が破られた。今となってはどちらも大物芸能人。両者が謝罪することもなく甘噛みが続き、緊張感あふれるまま番組は終了した。実はこの二人だけではなく、テレビ局関係者の間には『共演NGリスト』が存在すると噂されている。芸能人同士の“一触即発”の裏側には、どのような原因があったのだろうか?http://blog.gurun.jp/rtyutyier/
http://gameport.jp/user/12254/blog/



 嵐の櫻井翔(34)と同じくジャニーズの滝沢秀明(34)は長く「不仲説」がささやかれてきたが、7月14日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)でその真相が明らかになった。二人は同い年で、ジャニーズ事務所に入ったのも同時期である。しかし、他より頭ひとつ抜きん出ていた滝沢に対して、櫻井は「斜めに見ていた」ことを告白。さらに「大人になって(滝沢の)大変さが分かり謝りたかった」とも打ち明けた。


 さまぁ~ずの三村マサカズ(49)は、先輩であるヒロミ(51)との共演をNGにしていたことを『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で告白した。今から約15年前に名古屋で番組をやっていたとき、ヒロミからのキツいツッコミに我慢の限界を超えた三村が自ら「共演NG」にしたという。同時に、さまぁ~ず(元バカルディ)が人気番組『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)に出演しなかったのも、ヒロミが司会であったことが理由だということも判明した。…
「二度とあの番組には出ない」とブログで宣言し、レギュラーを務めていた番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)を2015年に降板した作家の中村うさぎ(58)。原因は女優の美保純(56)との不仲である。中村は、美保が中村から侮辱的な発言をされて傷ついてるから謝罪してほしいと番組プロデューサーから頼まれたが、事実無根だと否定。美保にLINEも無視されていると告白した。二人は息の合ったコンビだったため、中村の降板を惜しむ声も多かった。


「本人たちが認めた案件だけでも『デヴィ夫人×カイヤ』『酒井若菜×水道橋博士』『吉木りさ×misono』『青木さやか×有吉弘行』などがあります。中には行き違いや勘違いが発端だったっていうものもありますが、番組を作るほうは気苦労が絶えませんよ」(TV番組制作会社ディレクター)――芸能人とはいえ、一人の人間。どうしても嫌いな人がいるのは、しかたがないのだ。

http://www.mypress.jp/u/rtyutyier/
http://rtyutyier.exblog.jp/

J1リーグセカンドステージ第9節

J1リーグセカンドステージ第9節、アウェイの柏レイソル戦に臨んだオグこと小倉隆史監督率いる名古屋グランパスだが、1-3で敗戦。17戦勝利なしというクラブワーストを更新し、J1残留圏となる15位のヴァンフォーレ甲府との勝ち点差は、残り8試合で7ポイントまでに開いてしまった。とはいえ、8試合で7ポイントは逆転不可能な数字ではない。しかし、柏レイソル戦後に記者会見に登場した小倉監督を見て、サッカー関係者たちは冒頭の言葉を口々に発していた。

「記者会見中に、急に声が大きくなったと思ったら、不安そうな小さな声になったり。表情がうつろというか……。『あの明るいオグさんが、うつ病っぽく見えるなんて』と、会見後はザワついていました」(サッカーライター)http://www.mypress.jp/u/faoeuro/
https://eesite.me/kHrqFpSk4W


 サッカー関係者たちが懸念した通り、その3日後に小倉監督の休養が発表された。なぜ、小倉監督は、そこまで“病んで”しまったのか?

 名古屋グランパスの、ファーストステージの入りは悪くなかった。高い位置からプレッシングをかけ、奪ってからはシンプルに大型FWのシモビッチを使う。この現実的なサッカーを徹底すればよかったのだが、徐々に最初に看板を掲げた「5人目まで連動するサッカー」という理想に傾倒しようとした。これが選手の混乱を招き、かつ6月からの蒸し暑さにプレッシングもかからなくなり、勝ち点を奪えなくなっていった。

 さらに悪いことに、小倉監督はGMも兼任していた。…
新人監督にもかかわらず、自分で自分にハッパをかけなくてはいけない。小倉監督は天然タイプではなく、理路整然としている。小倉GMという立場で小倉監督を評価すれば、当然、解任となる。が、立場上、それはできない。「このアンビバレンスに、大将と呼ばれるオグさんも参ってしまったのでしょう」と、サッカー関係者たちは口をそろえる。新人GMが新人監督を兼任し、小倉GMにも優秀な補佐はなく、小倉監督にも監督経験豊富なコーチをつけなかった。完全なマネジメントの失敗である。

 残留争いをするチームに混乱が起こる一方で、ファーストステージを制した鹿島アントラーズでも監督が苦悩していた。同じく第9節にて、途中交代を命じられた金崎夢生が、交代後に石井正忠監督に食ってかかったのだ。選手がチーム関係者にエキサイトしてしまう場面はよくあることではあるが、金崎は逸脱しすぎていた。エースの造反に、「めちゃくちゃ優しい」とチーム関係者に評される石井監督は、自らのチームマネジメントの拙さと捉え、心労からダウンしてしまった。そんな監督たちのストレスを見分けるポイントがあるという。

「監督たちの就任前と就任後の髪の毛の量を見てください。ほとんどの監督が、薄くなっていきます。フサフサのままの監督は、チームがうまくいっているという証拠でもあります。逆にフサフサのままクビになる監督は、チームの異変に気づかない、監督に不向きなタイプなのかもしれません」(前出ライター)

 そういえば、日本代表前監督のジーコザッケローニも、みるみる髪が薄くなっていったが、これも偶然ではなかったようだ。
(文=TV Journal編集部)

http://www.faoeuro.sitew.org/#_.A
http://faoeuro.strikingly.com

結論として「ハッピーなおばあちゃんになりたい!

ローラ「泣いちゃう」号泣するファンに感激  - エキサイトニュース(2/2)

 

結論として「ハッピーなおばあちゃんになりたい!船に乗って世界一周みたいなのもやってみたい!海外でよもぎもちを孫にふるまうとか~」と野望を語りつつ、「老後は人生の第三の楽しみだと思う!第一は今で、第二は自分の子どもを持つ人生、第三はおばあちゃん!自分のプランはほどよく考えてるよ。漠然とはあるんだ」と真剣な表情でファンに語りかけていた。http://faoeuro.exblog.jp/
http://www.toma.jp/blog/faoeuro


◆ローラからファンへサプライズ

また車内では、ローラからのサプライズとして、この日が誕生日というファンへ握手や記念写真撮影などのプレゼントが。記念撮影の際には、ローラ自身が「セルフィーで撮ればいいよっ!」と手を伸ばして撮影する様子に、ファンも感激しきりの様子だった。

ローラからのサービスはまだまだ終わらず、続いて客室乗務員に扮したローラが、一人ひとりに和菓子を手渡し。そのまま感想をインタビューしたり、車両ごとに記念写真を撮影したりと、ファンとの交流を楽しんでいた。

◆ローラ「パワーもらったよ!」

最後には「みんなから本当に元気もらった!なかなか会えることないしね。言葉に表すのが下手かもだし、たまにくじけそうになったりするんだけど、みんなの笑顔を見てパワーもらったよ!みんなに会えたのは何かの縁だと思ってるし、みんなの優しさとかに触れて元気もらったよ!私もそういう存在になってればいいなぁ」とファンへの感謝を語った。(modelpress編集部)

 

http://faoeuro.ii-sites.com/
http://cogoole.jp/searches/blog_detail/451/41484

台風10号直撃が心配された30日、乃木坂46の

台風10号直撃が心配された30日、乃木坂46の「”真夏の全国ツアー2016”~4th Year Birthday Live~」は、初日、2日目も3万5千人のファンを明治神宮野球場に動員し大盛況だったが、ついに最終日を迎えた。

初日、2日目と台風の影響で雨の中での開催となったが、最終日もまだ台風の影響下で朝から雨が降り続き、昼ごろには小雨となり、”台風一過”とはならなかったが、無事開催の運びとなった。夕暮れになりようやく陽射しが一瞬差し込むも厚い雲に覆われた神宮球場。雨は降っていない。「overture」のあと10thシングル『何度目の青空か?』からスタート。「神宮!最終日盛り上がって行くぞぉー!!」と生田絵梨花の絶叫で会場は早くもテンションMAX。『転がった鐘を鳴らせ!』ではトロッコから会場へ向けてウォーターガンでの水攻撃でさらに盛り上がる。

11thシングルパートでは西野七瀬のソロ曲『ごめんね、ずっと』からスタート、花道を通りながらメインステージへ向かう途中、暗闇に浮かぶ無数のサイリウムに感情が込み上げたのか、声が詰まり涙ぐむ場面も。『命は美しい』ではファイヤーバーンと音玉の特効演出が会場をさらにヒートアップさせ、『君と僕は会わない方がよかったのかな』披露の後は、”ギガちゃん”がVTRに登場。「今日はプレゼントがあるよ!」と「softbank」CMで話題になったユニット”ギガ200”が『200ギガあげちゃう』を披露。…http://www.faoeuoraer.sitew.org/#_.A
https://eesite.me/DIHSMCz379

生駒里奈は「よろぴくぴくぅ!」と、この夏のツアーで活動を終える”ギガ200”として、最後のステージを全力でパフォーマンスした。






12thシングルパートでは、生田絵梨花松村沙友理のからあげ姉妹が『無表情』を披露。「乃木坂工事中」(テレビ東京)で中田花奈がものまねした松村の”なんでも知りたがる”の歌い方に、中田のものまねクオリティの高さを確認できた。生駒が「思い切りかっとばすぞー!」と『太陽ノック』を披露。神宮球場いっぱいの熱気にファンは酔いしれた。乃木坂46史上初のWセンターで話題となった13thシングル『今、話したい誰かがいる』パートの後は、このツアー初日の静岡公演で卒業した深川麻衣がセンターを務めた14thシングル『ハルジオンが咲く頃』が流れると、深川を”聖母”と名付けた川後陽菜がセンターポジションに立ち会場を沸かせた。高山一実も「楽しみにしていた」と言い、大役をやり遂げた川後は「一番に(深川)に連絡したら、「うれしい、頑張ってね!」って言ってくれたので、頑張ろうと思いました。すごく不安でしたけど、大好きな”まいまい”のポジションをやらせてもらえて本当に幸せでした。わたしの”ハルジオン(が咲く頃)”が、”まいまい”(深川)に届けばいいなと思います。みなさんが温かい目で見てくれたので嬉しかったです」とほっとした表情で話した。http://www4.hp-ez.com/hp/faoeuro
http://faoeuro.amsstudio.jp


生田が、ミュージカル「林檎売りとカメムシ」から『命の真実』を高らかと歌い上げ、15thシングルパートへ。…

もはや1ケタ視聴率が当たり前になってきたフジテレビ月9

もはや1ケタ視聴率が当たり前になってきたフジテレビ月9『好きな人がいること』第7話は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。リオ五輪終了で各局のドラマが数字を戻す中、全話を通じて最低となりました。

 初回から「あたしが恋だけしていればいい」「あたしの恋こそ最高の価値」「あたしの恋が世界を統べる」といった感じのアレを高らかに(能天気に)謳い上げていた同作ですが、中盤に差し掛かって一転、悲劇の色を帯びてきます。http://cogoole.jp/searches/blog_detail/450/41480
http://faoeuoraer.exblog.jp/


 主人公の美咲(桐谷美玲)が同居しているイケメン3兄弟の柴崎千秋(三浦翔平)、夏向(山崎賢人)、冬真(野村周平)のうち、次男の天才シェフ・夏向が、実は養子だったんですね。美咲と夏向がかなりイイ感じになった段階で発覚したので、物語的には大きく展開していくことになります。

 しかし、これは兄弟の問題ですので、美咲にはなんの関係もありません。第7話は、主人公・美咲が関係ないお話となります。たぶん美咲と一緒にイケメンをはべらせて恋だけしていたかった少女淑女な視聴者は、途中で飽きちゃったと思います。

 3兄弟の前に現れたのは、夏向の実母の娘・愛海(大原櫻子)。つまり、夏向の妹です。もともと柴崎家の店「Sea Sons」で働いていた夏向の実母は、産まれたばかりの夏向を捨てて田舎に帰っちゃったんだそうです。その実母が病気になっちゃって、血液型が珍しいので輸血が足りなくて治療が進まない。もう死にそう。…
で、実兄の存在を知った愛海が「血を~、血をくれ~」とばかり、尾道から湘南までわざわざやってきてたんですね。

 愛海さん、初回からちょくちょく顔を出してましたけど、この間どこで何をしてたんでしょう。特に語られることはありません。あと、母親がどんな病気で、具体的にどんな治療が必要で、血液型がなんなのか、そのへんも特に語られることはありません。要するに、何も語られることはありません。このドラマは、「ホントの兄弟じゃなかったんか!」とだけ言っとけば、視聴者はなんとなく雰囲気で悲しい気持ちになってくれると思ってるんでしょう。舐められたものです。夏向がイスに座ってちょっと献血するシーンがあって、そのあと母親に治療が施されるっぽいシーンがあって、どうやら生き延びたっぽいシーンがあって、万事解決。舐められたものですhttp://www.toma.jp/blog/faoeuoraer
http://faoeuoraer.strikingly.com


 尾道には夏向を追って美咲が迎えに来ていましたが、夏向が輸血をするかどうか、実母に「本当の息子です」と名乗り出るかどうか、その後、湘南に戻るかどうかの決断にも、美咲は関係することができません。なぜかといえば、美咲というキャラクターは徹頭徹尾「あたしが恋だけしていればいい」しか言ってないので、人生観や家族観、恋愛以外の世の中に対する価値観が描かれておらず、他人が人生の岐路に立ったとき、その決断に影響を及ぼすような行動を取ることができない存在なのです。だから、お気楽に尾道デートすることしかできない。…

日本を代表する映画監督・堤幸彦氏が手掛けた大ヒット舞台を映画

日本を代表する映画監督・堤幸彦氏が手掛けた大ヒット舞台を映画化した『真田十勇士』のレッドカーペットセレモニーが、29日に新宿モア四番街で開催され、中村勘九郎松坂桃李大島優子ら総勢14名が出席。

 本作は、天下の名将と名高い真田幸村が、実は“腰抜け”の武将だった、という大胆な発想のもと製作された同名舞台の映画版。2014年1月に“日本テレビ開局60年特別舞台”として上演され、そして“真田イヤー”の今年、映画と舞台が同時期に公開&上演されるという、史上初のビックプロジェクトが始動。

 この日のレッドカーペットセレモニーには、堤監督、中村、松坂、大島に加え、永山絢斗加藤和樹高橋光臣石垣佑磨駿河太郎村井良大荒井敦史、望月歩、青木健、加藤雅也が登場。http://www4.hp-ez.com/hp/faoeuoraer
http://faoeuoraer.your-canvas.net/


 台風の影響で不安定な空模様の中での屋外イベントということで、中村は「なんなんですか、この天気は。大雨の中でやることを覚悟してやってきたんですが、まさかのいいお天気。天も我々の味方をして大ヒットを願って、このイベントを成功させてくれたんじゃないでしょうか。奇跡ですね」と歓喜の表情を見せると、松坂も「本当に奇跡。直前まで雨が降る予報だったから、違うスケジュールでいきますと聞いていたので、無事開催できて嬉しい」と胸をなでおろす。

 また、松坂は撮影を振り返って「馬と一緒に走るシーンは意外とCGではなくて。監督に『馬と並走して走ってくれ』と言われて、脚がパンパンになりました」と過酷だったロケ撮影について語ると、中村も「平らな道じゃなくて、草がぼうぼうに生えているところを走るので、リアルにこけている人もいましたね」とコメント。…
紅一点、くノ一・火垂を演じる大島は完成した作品を観て「みんなカッコイイんですよ!」と語り、「今日はスーツ姿の十勇士を見て、惚れ惚れするなっていうくらいカッコイイって思ったんですけど、劇中では、甲冑姿や忍者姿で戦う、男の生き様をすごく胸に焼きつけられた」と絶賛。さらに「みんな、学校の男子の部活みたいな感じで、仲良くわいわいしていたんだろうなって思ったので、私はちょっと寂しいです」とポツリ。「私は五勇士くらいしか一緒になってないので、仲間に入れてないんです」と語りつつ、十勇士をはじめとする男性陣を見て「圧を感じます。男の方に囲まれると熱い……」と本音を漏らし笑いを誘う。

http://faoeuoraer.amsstudio.jp
http://www.mypress.jp/u/faoeuoraer/
 十勇士の1人である根津甚八役の永山は「一人一人がとても生き生きとしていて単純に楽しめました」と完成した作品を見た感想を述べると、由利鎌之介を演じる加藤和樹も「大変だった撮影を吹き飛ばすくらい、本当にカッコいい作品になりました。未だかつてない『真田十勇士』が出来上がったと思います」と自信たっぷり。さらに海野六郎を演じる村井が「堤さんのいろんな技を使っていて、オシャレな演出があったり、笑える場所があったり、そして最後に泣いてスッキリした気持ちになって劇場を後にしていただける素敵な作品」と語ると、三好伊三役の荒井も「完成した作品を観て、ド迫力のすごい作品になっていたので、これから公開されることがすごく楽しみ」と期待を寄せる。…

ギャンブルで、トータルしたら5億円以上、負けたと思いますよ

ギャンブルで、トータルしたら5億円以上、負けたと思いますよ。1日で、何千万って負けることもよくありましたからね。ボートをやったときは、最初、30万賭けたら、250万になったんですよ。その250万を次のレースで、全部つっこんだら、1400万になった。今でも覚えている。それがボートで1番、勝った日だったんじゃないかな。


 ただ、1400万円なんて2、3日でなくなりますよ。それを1億にしようとして、競馬に賭けたら、すぐになくなる(笑)。そんな大金をどうやって持ち運ぶんだってよく聞かれるけど、当時はゴミ袋に入れて持っていっていた(笑)。俺を見ても、誰も、襲ってこないですしね。


 1年に、60回くらい韓国のカジノに行っていた時期もありました。ほとんど週1ペースですよね(笑)。そこで、バカラをやるんだけど、8000万円くらい勝ったこともある。http://eryrtuier.mori8.jp



 ギャンブルが唯一のストレス解消だったんですよ。酒、たばこ、女はやらないから、1400万円勝ったからって、じゃあ、そのお金で車を買おうとか、夜のお店に行こうとかならない。その金で、また次の日に、競馬やボートに行くのが楽しいんです。結局、なくなるまで賭けちゃうから、絶対に勝てないんですけどね。


 ただね、相撲を辞めてから、飲食店の経営を始めていたんで、やっぱり責任感が出るんですよ。彼らを路頭に迷わすわけにはいかないでしょう。それに、店が赤字だからまわらないのは、しょうがないけど、黒字でまわんなかったら、誰も助けてくれないわけですよ

それで、ギャンブルは辞めた。今は、1円も賭けてない。まあ、本音を言えば、またギャンブルをやりたいですけどね(笑)。やったら、カーっとなって、とことんまでやらないと気が済まない性質だから、小遣いの範囲内で楽しむぐらいで、できればいいんですがね。


 だから、今は復帰の途中ですよ。焼き肉店から初めて、半年前に、ようやく寿司屋を出せた。寿司屋って職人がいないとできなかったり、すごく難しいんですよ。ただ、本当は、寿司が一番好きなんです。毎日でも食べたいくらい。


 僕は、九州の育ちなんですが、13歳ぐらいから通っている寿司屋があるんです。たつみ寿司っていうんですが、そこの親父が握る寿司がうまい。頭がやわらかくて、これはこうなんだって決めつけない。だから、寿司によってつけるしょう油が全部違ったりするんですよ。


 常に考えているんですよ。どうやったら、もっとおいしくなるのかってことを。そういう柔軟性が好きなんですよね。職人のこだわりよりも、お客さんが喜んでくれることが一番じゃないですか。うちは、まだ、たつみ寿司のレベルに達してはいないけど、創意工夫しておいしいものを、おいしく出したい。


 ありがたいことに、経営する飲食店は10店舗まで拡大したけど、金を儲けてやろうって考えはないですよ。相撲のときも、そうだったけど。だから、お金に雑なんですよ。結果的に、それがあったから、ギャンブルにバカみたいに大金つぎ込んでしまったのかもしれないけど。…

http://eryrtuier.tsuchiura.net
http://eryrtuier.i-kashima.com